筋肉サプリメントおすすめランキング

プロテインは非効率?筋肉サプリメントのおすすめ

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

あなたは「筋力アップ=プロテイン」だと思っていませんか?

 

もちろん筋トレにプロテインは効果的ですが、最近ではプロテインよりも手軽に効率よく筋肉増強するのに効果的な栄養素が摂れる筋肉サプリメントが出現しています。

 

>>筋肉サプリメントをおすすめ順に比較してみました!

 

 

筋肉増強に効果的な有効成分とは

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

筋肉サプリメントに含まれる筋肉増強に効果的な有効成分には、次のようなものがあります。

 

  • クレアチン(筋肉のエネルギー効率、持続力アップ)
  • HMB(筋力の成長サポート)
  • BCAA(燃焼系アミノ酸)
  • イミダ15(スタミナ向上)
  • グルタミン(回復系アミノ酸)

など

 

いずれの成分も共通してタンパク質から分解されてできるアミノ酸の一種となりますが、たんぱく質から分解されて体内に吸収されるのはほんの極少量になります。そのため、これらの有効成分を1日に必要な分だけ摂取するためには、かなり多くのタンパク質を摂らなければならないことになります。

 

ではどれだけたんぱく質を摂ればいいのか?

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

クレアチンであれば1日5gの推奨量を摂るためには、約1kgの牛肉ステーキを食べなければなりません。また、HMBであれば1日3gの推奨量を摂るために、1杯15gのプロテインを約20杯も飲まなければならない計算になります。

 

これだけの量のタンパク質を普段の食事から摂るのは難しいですし、必要量の有効成分をプロテインから摂取しようとすると実はかなりたくさん飲まなければならないのです。

 

そこで筋肉サプリメントなら、これらの有効成分がすでにたんぱく質から分解された状態で錠剤の粒カプセルに凝縮されているので、1日に必要な量の有効成分を手軽に効率よくダイレクトに摂取することができます。

 

また、筋肉サプリメントはプロテインと比較してコストパフォーマンスにも優れているという特徴があります。なので、プロテインを飲んでいてもなかなか筋肉がつかないという方は、値段も考慮して一度筋肉サプリメントを試してみることをおすすめします^^

おすすめ筋肉サプリメントランキング

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

マッスルエレメンツHMBの特徴

HMB、クレアチン、DNA&RNA(遺伝子成分)を主成分とした筋肉サプリメントになります。1袋180粒入り(30日分)で、1袋定期コースなら1日あたり約210円。1日の摂取量目安は6〜12粒で、6粒あたりのHMB量は1,500mg。1日あたりのHMB1,500mg+クレアチンという配合はこのマッスルエレメンツHMBだけです。そしてカロリーも1日あたり4.4kcalと低カロリー。マッスルエレメンツHMBには純国産の高純度HMBが100%使われているので、安心安全で高い効果が期待できます。

価格 定期コース:初回500円、2回目以降6,320円、単品:7,900円
評価 評価5
備考 初回送料無料、90日間全額返金保証付き、抽選で100名様に加圧Tシャツプレゼント中
マッスルエレメンツHMBの総評

クレアチンによる運動パフォーマンスUP&HMBの効率的なアミノ酸吸収により、高い筋肉アップ効果が期待できます。比較的しっかりと筋トレで体を追い込みたいという方におすすめの筋肉サプリメントになります^^

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

DCCディープチェンジクレアチンの特徴

クレアチンを主成分とし、HMB、BCAA、イミダ15などの筋力増強成分を豊富に配合したボディメイクのプロも挙って愛用している筋肉サプリメントです。1袋1ヶ月分(90粒入り)でクレアチンの配合量はで25,000mg。コスパは1日あたり261円で、日本人の体質を考え日本人に最も効果が出るように開発された安心の日本製です。また、1日3〜6粒が摂取量の目安ですが、サポートデスクも用意してあるので連絡すると専門スタッフがあなたの状況に合わせた適切量をアドバイスをしてくれます。

価格 定期コース:初回560円、2回目以降7,840円、5回目以降5,600円 単品:11,200円
評価 評価4.5
備考 毎月300名様限定、90日間全額返金保証付き、送料無料
DCCディープチェンジクレアチンの総評

筋力増強効果だけでなく、瞬発力や運動ピーク時のパワーを持続させる効果も期待できます。そのため、外見的なマッチョボディを目指すだけでなく、スポーツのパフォーマンスを向上させたいという方にもおすすめです^^

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

ビルドマッスルHMBの特徴

HMBを主成分とし、BCAA、グルタミン、バイオペリン(栄養吸収促進)という3大筋トレサポート成分を配合した筋肉サプリメントになります。1袋120粒入り(約1ヶ月分)で、定期コースなら1日あたり約197円。摂取量目安は1日4〜8粒で、4粒あたりのHMB配合量は1,500mgとなっています。

価格 定期コース:初回0円、2回目以降5,925円
評価 評価4
備考 毎月300名様限定、初回送料500円、2回目以降送料無料、90日間全額返金保証付き
ビルドマッスルHMBの総評

海外の研究で、筋トレ初心者やこれまでに運動や筋肉トレーニングをしてこなかった方が筋トレと併用してHMBを飲んだ場合、頻繁に筋トレを行っている方の場合と比較して大きな筋力増強効果が期待できることがわかっています。そのため、特に今まであまり運動はしてこなかったが、これから筋肉量アップ&シェイプアップを目指していきたいという方におすすめのHMBサプリ です^^

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

Vrush FIRAマッスルサプリの特徴

インディアンデーツ(カロリーカット成分)とBCAAの2つの成分を主成分とする細マッチョサプリメントです。特にインディアンデーツが配合されていることにより、余分なカロリーの吸収抑制を促し、乱れた食習慣を整えてくれるので、運動をしなくてもどんよりしにくい体へとサポートしてくれます。ただし、細マッチョボディになるには、運動や筋トレも同時に行い、筋肉成分BCAAの効果を最大限に得る必要があります。1日あたり約131円で、1日の摂取量目安は4粒です。ファッション雑誌などにも掲載され、注文殺到により品切れ状態で予約が必要な場合があります。

価格 単品:4,800円
評価 評価3.5
備考 32%OFF!2本以上購入で送料無料!
Vrush FIRAマッスルサプリの総評

カロリーカット成分インディアンデーツとアミノ酸成分BCAAの2大成分配合により、痩せながらのボディメイクが期待できます。そのため、特にメタボリックや肥満体型からボクサー型の細マッチョボディを目指す方におすすめの製品です^^

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

メタルマッスルHMBの特徴

メタルマッスルHMBは、アーティストのGackt(ガクト)さんも実際に愛用している筋肉サプリメントになります。主成分はHMBで、配合量は業界トップクラスの1日分6粒あたり1,600mg。HMBの他にもクレアチンやBCAA、グルタミンなど筋肉の栄養補給に効果的な成分がバランス良く配合されています。それでいて摂取カロリーは6kcalの低カロリー。さらに、メタルマッスルHMBだけの特許成分として、黒生姜エキス(筋力強化&脂肪代謝サポート)、黒胡椒エキス(吸収力サポート)、ビタミンEも配合されています。また、粒の大きさ・形状は直径10mmのタブレット型になります。安心の日本製。コストパフォーマンスは1日当たり約216円。

価格 定期コース:初回500円、2回目以降6,480円
評価 評価3
備考 毎月300名様限定、送料無料、30日間全額返金保証付き
メタルマッスルHMBの総評

HMB+クレアチンの相乗効果に加え、特許成分も配合で有効成分の吸収力&筋力&脂肪代謝のアップをサポートする栄養補給が効率よくできます。そのため、限られた時間内で最短距離で細マッチョボディをゲットしたい方におすすめです^^

筋肉サプリメントの効果的な飲み方

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋肉サプリメントは飲むタイミングを考慮することも大切です。筋肉サプリメントは健康食品であり、薬ではないので、一般的には飲むタイミングはいつでも良いとされています。しかし、筋肉サプリメントはいつ飲んでも良いと言われると、逆にいつ飲めば良いのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、筋肉サプリメントを効果的に飲むタイミングについて紹介してみます。筋肉サプリメントを効果的に飲むタイミングは次の通りです。

 

  • 筋トレや運動の前・中・後
  • 寝る前

 

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

忙しくて筋トレをする時間がないという方でも、通勤や通学などで自転車をこいだり、階段を上り下りしたりするなど、一日の活動の中で身体の筋肉に何かしらの負荷が掛かっているはずです。なので、一日の始めの朝に筋肉サプリメントを飲んでおくことで、一日の活動のエネルギーとなってくれたり、筋肉に負荷が掛かるような行動をしたときに効果的に作用してくれたりします。

 

特に建設業などの肉体労働を行っているという方には、筋肉に掛かるストレスも大きくなるので、筋肉サプリメントによって期待できる効果も大きくなるはずです。

 

筋トレや運動の前・中・後

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋肉サプリメントは、筋肉トレーニングや運動の前、最中、後に飲むのが最も効果的と言われています。この筋肉サプリメントを飲むタイミングについては知っている人も多いのではないでしょうか?

 

筋肉サプリメントを筋肉トレーニングや運動の前、最中、後に飲むのが最も効果的な理由は、筋肉を使っているときが最もエネルギー(アミノ酸)を消費するからです。このタイミングで筋肉サプリメントを摂取することにより、筋トレでさらに追い込めたり、スポーツの試合でいざというときに力を発揮できたりします。

 

また、筋肉はトレーニングで負荷をかけることにより、一旦は筋繊維を破壊し、その後栄養補給によりその筋繊維を修復、休養により回復させるというサイクルを経ることで増強されていきます。この現象を超回復と言います。

 

この超回復の過程にある栄養補給と休養の部分で筋肉サプリメントが効果的に働き、そのサイクルを早めてくれます。だから、筋肉サプリメントを飲むと筋肉がつきやすくなるのです。ただし、このサイクルからもわかるように、逆に筋トレなどによる負荷なしには、ただ筋肉サプリメントを飲んでも期待する効果は得られないということになります。

 

フィットネスグッズなどの運動器具を使い、楽しく身体を動かしながら筋肉サプリメントを摂取するのも良いでしょう^^

 

寝る前

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋肉サプリメントは寝る前に飲んでも効果的です。というのは、先程も話に出た超回復のサイクルの中で、ちょうど「栄養補給により筋繊維を修復し、休養により回復させる」の部分に当てはまるからです。ただし、その日一日の中で筋力を使うような活動やトレーニングを行ったことが前提となります。

 

一日中家でゴロゴロしていた日の就寝前に筋肉サプリメントを飲んでも効果は期待できませんので(苦笑)

筋肉サプリメントのメリット

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋肉サプリメントにより、近年は非常に効率的に筋肉アップに効果的な成分を摂取できるようになってきました。そんな筋肉サプリメントのメリットはプロテインと比較してどんなことがあるかご存知でしょうか?

 

今回は筋肉サプリメントのメリットについて紹介してみます。

 

手軽に飲めて持ち運びしやすい

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

粉状のプロテインは、目的別にスポーツドリンクや牛乳などで調合した上でシェイクする必要があるので少々面倒ですが、筋肉サプリメントは粒カプセルタイプになっているので手軽に飲みやすく、持ち運びもしやすいです。

 

なので、筋肉サプリメントはトレーニングジムなどに持ち込んでも邪魔になりません。

 

吸収効率が良い

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋力アップに必要なたんぱく質は、摂取後体内で分解を繰り返し、その結果残った極わずかな量の有効成分だけが吸収されることになります。しかし、プロテインは一番最初のたんぱく質の状態なので、十分な量の有効成分を吸収するためにはかなりたくさんの量を飲まなければなりません。

 

それに対して筋肉サプリメントは、すでに体内に吸収される直前の有効成分にまで分解された状態で凝縮し、カプセル化されています。そのため、筋肉サプリメントを飲めば必要な量の有効成分を手軽に効率よく摂取・吸収ができるというわけです。

 

コスパが良い

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

常にプロテインを飲用している方の中には、プロテインにかかる費用がバカにならないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?上記で述べた通り、プロテインは吸収効率が悪いためにたくさん飲まなければならないので、その分コストも高くなります。

 

また、普段の食事から必要量のたんぱく質を摂ろうとした場合にも同様のことが言えます。その点、筋肉サプリメントなら有効成分を効率的に摂取できるため、それにかかる費用も安く抑えることができます。

筋肉増強に効果的なアミノ酸成分の詳細

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋肉サプリメントに配合される筋肉増強に効果的なアミノ酸成分の詳細について紹介します。

 

クレアチン

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

近年注目度が上昇してきている成分になります。クレアチンは人間の体内で3種類のアミノ酸から同化(合成)される有機酸の一種であり、筋肉の持続力やエネルギー効率の向上をサポートしてれます。なので、クレアチンは筋トレ時や運動時の持久力アップに欠かせない成分であるため、多くのトップアスリートも愛用しており、オリンピック選手の実に8割が摂取しているとも言われています。

 

特に筋収縮のエネルギーを供給してくれるので、高強度や反復性の運動に対して効果が得られやすいです。例えば、重量挙げや筋力トレーニング、コンタクトスポーツで瞬発的なパワーを供給し、バイク、水泳、陸上競技などの反復性の高い運動では、ピーク時のパワー(体力)の持続が期待できます。

 

このように、クレアチンを飲むことで疲れにくい体になり、体が普段よりトレーニングに耐えられるようにもなるので、エネルギーを作り出すだけでなく、筋力の向上(除脂肪体重アップ)にも繋がりやすいというわけです。

 

さらに、エネルギーを蓄積させてパワーのストックもできるので、ここぞというときに力を発揮してパワーアップさせてくれるのも勝負の世界で戦うアスリート達が愛用する所以です。

 

これらの理由もあり、クレアチンはグルタミンやBCAAよりも支持率が高いと言われています。それから、クレアチンは私たちが毎日頂いている食べ物からも摂り入れることが可能ですが、クレアチンを多く含む魚類や肉類でさえも1kg食べてやっと推奨量である5g程度が摂れるといった状況です。

 

なので、クレアチンは普段の食事から必要量を摂るのは難しいため、サプリメントで摂取する必要があるというわけです。

 

クレアチンの副作用について

基本的に1日の摂取量目安(5g)を守ってさえいれば副作用の心配はないはずですが、どんなに体に良いサプリメントや栄養素でも過剰摂取は良くありません。クレアチンを過剰に摂取してしまうと次のような副作用が出る恐れがあります。

 

  • 尿量が増える
  • 筋肉が痙攣したり、つりやすくなる
  • 肉離れを起こす
  • 腹痛で下痢になる
  • 脱水

 

尿量が増える

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

クレアチンは、エネルギー消費した後には異化(分解)されて「クレアチニン」と呼ばれる老廃物となり、尿と一緒に排出されます。そこで、クレアチンをたくさん摂ると当然老廃物もたくさん出るため、それを排出するために尿の量が増えます。

 

クレアチニンは尿を作る臓器である腎臓と深い関わりがあり、なんらかの原因で腎臓の機能が低下しているとクレアチニンが尿中に排泄される量が減少し、血液中に溜まってしまいます。また、そうやって血液や尿中のクレアチニン濃度が高くなると、さらに腎機能が急激に低下し、腎臓に関する病気(急性腎炎・慢性腎炎・急性腎不全・慢性腎不全・尿毒症など)になってしまうこともあります。

 

腎臓の病気は初期段階では自覚症状がほとんどないので、検査で初めてわかる場合が多いと言われています。病気の症状として、むくみ・血尿・タンパク尿などが代表的のようです。逆に考えると、クレアチニン濃度の数値によって腎機能が正常かどうか確認できるとも言えます。

 

筋肉が痙攣したり、つりやすくなる

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋肉細胞内にマグネシウムが不足しているとき、クレアチンを摂取すると筋肉がつりやすくなると言われています。その理由はこうです。

 

クレアチンが細胞内に取り込まれると、細胞内のナトリウム濃度が増える。

細胞内のカルシウムの働きが弱くなるので、細胞内のカルシウムが増加する。

カルシウムイオンには筋肉を収縮させる働きがあるので、その作用が強すぎると筋肉がつったり、痙攣を起こしたりする。

筋細胞内にマグネシウムが十分に存在することで防げる。(マグネシウムにはカルシウムイオンの量を正常に保つ働きがあるため)

 

肉離れを起こす

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

クレアチンは浸透圧が高く、細胞内に水を引き込む性質を持っているので、水分摂取量が不足すると細胞外の水分が不足してしまうことになります。細胞外の代表的な物質にはコラーゲンがありますが、水分不足になるとコラーゲン強度が弱くなり、肉離れを起こしてしまう可能性があります。

 

クレアチンを飲むときは水もしっかり摂ることが大切です。

 

腹痛で下痢になる

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

過剰摂取でクレアチンがしっかり吸収されないと、お腹が緩くなってしまうことが考えられます。クレアチンは水を引き込むので、過剰摂取により腸の吸収が追いつかなくなると腸内の水分を吸収して下痢の症状を引き起こす原因となる恐れがあります。

 

脱水

過剰量のクレアチンによって体全体の水分が引き込まれ、脱水症状を起こす可能性があります。

 

HMB

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

HMBとは、ロイシンと呼ばれる筋力アップをサポートしてくれるアミノ酸成分が体内で代謝されてできる物質です。このロイシンがHMBに変化しないと体内に吸収されず、効果が発揮できないと言われています。ちなみに、ロイシンからHMBに分解されるのは、ほんの5%程度と言われています。

 

たんぱく質からHMBまでの分解の流れはこのようになります。

 

たんぱく質⇒ペプチド⇒アミノ酸⇒ロイシン⇒HMB⇒吸収

 

この流れからもわかるように、HMBをダイレクトに摂取することで高効率で効果が得られることになります。また、HMBとクレアチンを併用することにより、高い相乗効果も得られると言われています。

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

BCAA

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

筋肉に必要なたんぱく質を構成する3種類(バリン、ロイシン、イソロイシン)の必須アミノ酸を配合した成分で、主に筋肉で代謝され、エネルギー源となる役割を持っています。また、身体の外部からしか摂取できない成分として知られています。

 

その際、食物中のたんぱく質を構成する必須アミノ酸に占めるBCAAの割合は約50%と高く、ヒトの筋たんぱく質中のBCAAの割合でも約35%にもなるため、BCAAが筋肉作りの際に果たす役割は大きいと言われています。

 

さらに、BCAAには筋肉の分解抑制や合成促進、筋肉疲労の原因となる乳酸を抑制する働きもあります。その他にも、やる気や集中力を高める効果も期待できると言われています。

 

イミダ15(イミダゾールペプチド)

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

渡り鳥の羽の付け根から発見された成分で、スタミナアップ効果が期待できます。渡り鳥は2週間以上も休まずに飛ぶことができる鳥なので、スタミナに効果的な成分を含んでいてもおかしくはありません。渡り鳥以外にも動物の骨格筋に存在すると言われ、クジラやマグロなどの遠洋魚の筋肉にも高い濃度で含まれています。

 

グルタミン

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

非必須アミノ酸と言われ、体内に最も多く含まれている栄養素であり、体内で生成可能なアミノ酸になります。食事から摂り入れることもできますが、必ず摂取しなければならないものではありません。熱に弱く、摂り入れようとすると余計なカロリーを摂取してしまうので、むしろ食事から効率的に摂取するのは難しいと言われています。

 

筋肉強化に効果的

グルタミンには筋肉分解の抑制効果があるので、筋肉の維持に効果的と言われています。激しい運動などで筋肉にストレスがかかると、筋肉中のたんぱく質の分解が活性化されるため、筋肉中のグルタミンが失われてしまいます。

 

なので、グルタミンを補給することでたんぱく質の分解を抑え、筋肉が失われるのを防止する効果が期待できるというわけです。また、筋肉発達をサポートする効果もあるので、筋トレ時の消費カロリーも増え、痩せやすい体を作りやすくなります。

 

成長ホルモンの分泌促進

グルタミンは成長ホルモンの分泌を促す働きを持っており、筋トレ時に摂取することで疲労回復や体脂肪の減少、筋肉増強などにも効果が期待できます。

 

たんぱく質の合成促進効果

グルタミンはたんぱく質の合成を促し、分解も抑制する効果が期待できます。そのため、グルタミンを少量摂るだけでも十分にたんぱく質合成を促すことができると言われています。

 

グルタミンの効果的な摂取タイミング
トレーニング直前

トレーニング開始の20分前にグルタミンを摂取しておくと、体内のアミノ酸レベルが高い状態でトレーニングできるので、筋肉の分解を抑制する効果が期待できます。また、それはトレーニングによる疲労の軽減にも繋がります。

 

トレーニング直後

グルタミンは、トレーニング直後の30分以内にも摂取すると良いとされています。そうすることで、身体や筋肉の回復速度アップに繋がるからです。また、筋肉増強や翌日以降の体調を整える効果も期待できるようになります。

 

肉離れに効果的

グルタミンには傷ついた筋肉細胞組織を修復する効果があると言われています。そのため、肉離れなどの筋肉系の怪我に効果的に働いてくれますし、軽度の肉離れなら回復を早める効果が期待できます。また、怪我の回復には体内で大量のグルタミンを必要とするので、不足すると怪我の修復が遅くなってしまいます。

 

そのため、医療現場でも広く用いられ、治療にグルタミンを処方することもあります。それから、肉離れの重症度が高い場合には手術が行われることもありますが、手術による傷口の回復を早めるためにグルタミンが使われることもあるようです。

 

BCAAとの併用は効果的

BCAAとの併用により、身体作りのサポートと疲労軽減効果が期待できます。

 

栄養素の吸収を助ける

グルタミンを摂取することにより、小腸の働きを助け、効率的に栄養分を吸収できるようにサポートしてくれます。その結果、筋肉成分の吸収も効率的になることが期待できます。

 

副作用

グルタミンは過剰摂取すると肝臓にダメージを与えると言われています。しかし、グルタミンは全身で使われる成分なので、不足しがちになることの方が多いため、多少多く摂取したとしても身体に悪影響を及ぼす心配は薄いと言われています。

 

むしろ不足してしまうと筋力低下や消化不良、うつ病などを引き起こす可能性があるので要注意です。

 

 

以上のように、筋力増強に効果的な成分は様々ありますが、一般レベルの人がこの全ての成分を使いこなすのは難しいでしょう。そこで、オールインワンサプリとして誰でも簡単に飲めるように作られたのが筋肉サプリメントになります。

プロテインは太るって本当?

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

世の中にはプロテインを飲むと太りやすくなると思っている方も少なくないようです。しかし、プロテインは薬ではなく、あくまで栄養補助食品ですので、飲んだだけで身体が変化するような特別な作用があるわけではありません。

 

プロテインの成分は高たんぱく質であり、カロリーは低いので、私たちが普段食べている食品と比べると比較的太りにくい食品と考えられます。なので、プロテインを飲むと太るという考えは基本的には間違いであることが言えます。

 

しかし、必要以上に飲みすぎたら太るのは当たり前ですし、筋トレもしないのに飲んでいたら、飲んだ分だけ摂取カロリーが増えて太ることは言うまでもありませんよね。プロテインの中にはSAVAS(ザバス)の「ウェイトアップ」のように体重を増やすことを目的としたデキストリン(糖質)が多めの甘くて美味しいものもあります。

 

それらは大概パッケージの成分表などに体重を増やしたり、身体を大きくしたりすることが明確に書かれています。体重が増えるのが嫌であれば、たんぱく質含有量70%以上のプロテインを選ぶと良いでしょう。また、たんぱく質の種類や飲むタイミングによっても差があります。

 

ホエイ(乳清)プロテインは身体に吸収されやすいので、体重が増えやすいと言われています。なので、ダイエット中に飲む場合は低脂肪乳に混ぜるなどして吸収スピードが遅くなるようにするのが望ましいです。それから、ソイ(大豆)プロテインやカゼイン(牛乳)プロテインは吸収速度がゆっくりなので、体重が増えにくくダイエット向きということが言えるでしょう。

ゴリマッチョになるには

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

最近はプロアスリートのような細マッチョがモテると言われ流行っていますが、本当に男らしいのはゴリマッチョだと思いませんか?

 

実際、格闘家やボディビルダーのようなゴリマッチョが好きな女子も少なくありません。そこで、ゴリマッチョへの肉体改造を目指す際の筋肥大のためのキーワードには、高負荷、高強度、精神力があります。

 

高負荷トレーニング

6〜10回程度の反復運動で限界が来る程の大きな負荷を身体にかけることにより、劇的に筋肉が大きくなります。負荷の大きなトレーニングなので、1種目3セット程度でも限界に追い込めれば大きな効果が期待できます。

 

高強度トレーニング

セット間のインターバルを1分程度に短く設定することで、筋肉の疲れが完全に回復する前に追い込むことができます。それにより、効率的に乳酸を蓄積させると同時に、身体に危機的な状況を感じさせることで、筋肥大の最大の要素である成長ホルモンの分泌を大量に促すことができます。

 

精神力

身体を限界まで追い込むためには強い精神力が必要となります。精神力が弱く、自分に甘いようでは自分を限界まで追い込むことができませんからね。

ゴリマッチョを目指すための部位別種目

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

ゴリマッチョを目指すために部位別に筋肉を強化できる種目を紹介します。もちろん、トレーニングのBig3【ビッグスリー】(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)と呼ばれる種目も含めています。ビッグスリーはたた3つのトレーニングにもかかわらず、脚、背中、胸、肩、腕などの身体の根幹となるほぼ全身の筋肉を鍛えることができるためです。

 

しかし、特に上腕二頭筋・上腕三頭筋・大腿二頭筋は高負荷をかけすぎると怪我をしやすいので、トレーニングのやりすぎには注意が必要です。

 

大胸筋・三角筋(肩)・上腕三頭筋(二の腕)

ベンチプレス

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

上半身の中でも主に大胸筋周り、上腕三頭筋、三角筋前部の筋肥大に効果的なウェイトトレーニングになります。

 

ディップ

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

上半身のスクワットとも言われ、自分の体重を使ってできるサポーター不要の自重トレーニングになります。大胸筋下部の発達と上腕三頭筋の筋肥大に効果的です。

 

プレスダウン

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

上腕三頭筋(二の腕)を筋肥大させるのに効果的な筋トレになります。

 

脚(下半身)

スクワット

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

スクワットを膝の曲げ伸ばしの単純なエクササイズと侮ってはいけません。脚は身体を全体を支えている重要な部位で、その体表的な筋肉には大殿筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋があり、スクワットを行うことにより、これらの筋肉を一気に鍛えることができるのです。

 

また、消費カロリーが少ないにもかかわらずダイエットにも効果的で、ヒップアップ、脚痩せ、お腹痩せと腹筋より効果があるとも言われている筋トレ方法です。

 

レッグカール

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

レッグカールはハムストリングス筋(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称)と呼ばれる太ももの裏の筋肉を鍛える筋トレ方法です。レッグカールには、マシンやチューブ、エアロビを交えて行う方法もあります。ちなみにハムストリングス筋は、別名で「ランナー筋」とも呼ばれ、短距離走を得意とするスプリンターがよく発達していると言われています。

 

背中・上腕二頭筋

デッドリフト

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

デッドリフトは「持ち上げるのが死ぬほど辛い」という意味で付けられた名前で、それ故に過酷な種目です。背筋以外にもハムストリング、大殿筋、三角筋後部などの多くの筋肉を使います。ただし、やり方を間違えるとケガをする恐れもあるので注意が必要です。

 

懸垂(チンニング)

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

背筋の筋トレの中でも絶対的な人気と信頼があり、背筋トレーニングの王道とも言われています。そのため、小学校の体育の授業でも筋力作りのために、鉄棒を使った懸垂(チンニング)の授業が行われているのです。

 

また、懸垂(チンニング)は、逆三角形のカッコイイ上半身作りに絶大な効果を発揮してくれます。

 

アームカール(ダンベルカール・バーベルカール)

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

上腕二頭筋の力こぶを鍛えるのに効果的な筋トレ方法です。ちなみにバーベルカールの重量平均は、成人男性で30〜35kg、成人女性で12〜16kgと言われ、ダンベルカールの場合は成人男性で15〜17.5kg、成人女性で6〜8kgと言われています。

 

効率的にゴリマッチョを目指すなら

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

上記のように、ゴリマッチョを目指すにはビッグスリーを始めとした全身を鍛えるトレーニングを、自分を追い込みながら行う必要があります。また、身体をいじめると同時に栄養面からも筋力アップのことを考えると、筋トレと併用して筋肉サプリメントを摂取するのが最も効率的です。

 

ゴリマッチョを目指すあなたも筋肉サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

>>筋肉サプリメントおすすめランキング

当サイトのおすすめ筋肉サプリメント

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

筋力増強効果だけでなく、瞬発力や運動ピーク時のパワーを持続させる効果も期待できます。そのため、外見的なマッチョボディを目指すだけでなく、スポーツのパフォーマンスを向上させたいという方にもおすすめの筋トレサプリ商品です^^

 

↓↓毎月300名様限定販売中↓↓

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

前腕を鍛える筋肉トレーニング

 

筋肉,サプリメント,おすすめ,ランキング,筋トレ,トレーニング,成分

 

前腕の筋肉は手のひら側と手の甲側で、それぞれ2種類ずつあります。これは伸展と屈曲の違いによって鍛えられ、たくましい見た目になります。スポーツを行う時にとても有利で、パフォーマンスが高まります。前腕だけでの力ではないが、腕相撲が強くなります。

 

前腕が太いと、マッチョが好きな女性からは好感を持たれるようになります。異性からモテるようになるので、鍛えておくと良いです。鍛え方はリストカールで、椅子に座って手のひらの上と両手にダンベルを持ってゆっくりと手首だけを上げていきます。

 

リストエクステンションは、椅子に座って手のひらは下にしてダンベルを膝に固定してゆっくりと手首だけを上げていきます。ハンマーカールは、手のひらは内側に向けて行いゆっくりと胸に向かってダンベルを縦にしていきながら持ち上げていきます。

 

ラジアルフレクションは、ダンベルを片手に持って肘を真っ直ぐに伸ばした状態で手首だけでダンベルを動かしてダンベルは下側を持ちます。ウルナフレクションはラジアルフレクションの反対側で、手首を上げた状態から下に下すイメージで行います。

 

シャフトカールは、初心者はストレートのシャフトがお勧めで、胸の少し下くらいまでおへそのラインから上げるようにしましょう。