筋力トレーニングでボディビルを目指すなら

筋力トレーニングでボディビルを目指す

筋力トレーニング,ボディビル

 

ボディビルになるための筋トレメニューは、体幹を鍛えるものが良いです。体幹とは太ももとお尻と胸と背中等の、身体の幹になる大きい筋肉の事です。具体的には、太ももならスクワットが効果的です。胸ならベンチプレスや腕立て伏せで、背中ら懸垂がお勧めになります。

 

ボディビルになるために、力こぶを鍛える人がいるが全身が引き締まった身体にはならないです。力こぶは身体の中で小さい筋肉なので、力こぶだけを鍛えても体型は変わらないです。反対に、鍛えすぎてバランスが悪くなる場合もあります。

 

このため最短でボディビルになるためには、体幹を鍛えるのが効果的です。体幹が鍛えられてきたら、力こぶ等の小さい筋肉を鍛えるメニューを取り入れていくようにします。段階を踏んでいく事で、効率良くバランスの良いボディビルの体型になれます。

 

女性の場合は男性に比べると筋肉が付きにくいので、自重トレーニングやペットボトルに水を入れて簡易ダンベル等を行っていきます。低負荷で20回程の回数を行っていくのが、効果的です。筋肉を大きくするよりも引き締める効果があり、女性らしい身体のラインを保てます。

 

女性は男性と鍛え方が異なりますが、根気よく筋トレを続ける事でボディビルの体型になれます。

効果的な筋力トレーニング方法

筋力トレーニング,ボディビル

 

筋トレは種目が色々あり、目的によっても鍛える部位ややり方が異なります。ダイエットで持久力をアップさせる筋トレでは、自分の最大限の筋力の20から30%くらいの負荷で呼吸をしながら筋トレを行います。この筋トレでは筋線維が太くなる事はないが、引き締まった身体や運動をするための身体を作れます。

 

パワー重視の筋トレは、最大筋力の70%以上の高負荷で重いものを持ち上げられるように筋力を付けていきます。筋線維は太くなり、マッチョな身体になります。ボディービルダーのような筋トレは、ゆっくりと呼吸を意識しながら行います。

 

この時には、筋肉は緊張させて緩めないようにします。筋線維は太くするために、高負荷のウエイトトレーニングを行います。筋トレと他の運動を組み合わせる場合は、種目によっては高負荷なウエイトでトレーニングを行うがダンベル等を持ち上げる時には瞬間に力を入れるものがあります。

 

特殊な身体を作るのではなく、ダイエットに効果的です。筋肉の発達は筋組織が破壊と再生を繰り返して得られるので、毎日行うのは逆効果になります。筋トレを初めて行う人は、筋肉の再生に時間がかかるので最初のうちは3〜4日に1度で良いです。

 

続けていくと回復が早くなるので、2日に1回に変えていってもいいでしょう。

ゆっくり筋力トレーニングをする

筋力トレーニング,ボディビル

 

ゆっくりのスピードで筋トレを行う効果は、軽い運動でも高い負荷をかけた時のように筋肉を増やしていけます。ダンベルやマシンで行った時のように、筋肉に効きます。ゆっくりと動くと乳酸が沢山発生して、乳酸は疲労物質になるので脳や身体に重要なエネルギー源になります。

 

乳酸が体脂肪を分解するの役立つ成長ホルモンが分泌されるのが促されて、アンチエイジング効果が期待出来ます。筋肉が付くと基礎代謝が高まっていて、動いてなくても痩せやすい身体になります。筋肉は体温を作り出す働きをするので、筋肉量が増えると基礎体温も上昇します。

 

方法は正しいフォームでゆっくりとした動作で、ノンロックで行います。ノンロックとは関節を伸ばし切らないで事で、筋肉に休みを与えない事です。関節を伸ばし切らないと、筋肉に負荷を与え続ける事が出来て筋肉の緊張を緩めない事です。

 

筋肉に強い負荷をかかっていると錯覚をするので、軽い負荷でも成長しやすくなります。筋トレの効果を出すためには、最低48時間の休息を入れる事です。これを2.3ヶ月続ける事によって、筋肉が付いてくるのが実感出来ます。筋トレは無酸素運動なので、筋トレ後10分程で有酸素運動を行うと引き締め効果が高まります。

筋肉サプリメントのおすすめはこれだ!最新ランキングを公開中!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページの筋肉サプリメントランキングも確認してみてください。