筋肉トレーニングに必要な成分紹介

アミノ酸を摂取して筋肉トレーニングする

筋肉トレーニング,成分

 

BCAAは分岐鎖アミノ酸の事で、筋トレを行うには摂取すると良い成分です。アミノ酸はタンパク質を構成している成分であり、たんぱく質は筋肉に欠かせない栄養素になるので、アミノ酸を摂取すると筋肉が付きやすくなります。

 

タンパク質と言うとプロテインがありますが、アミノ酸とは吸収速度が異なります。アミノ酸はプロテインよりも小さい単位になるため、消化の過程が省略され、身体への吸収速度がプロテインよりかなり早いです。このため、筋トレによってプロテインとアミノ酸を使い分ける事が必要です。

 

プロテインはトレーニング直後や食事後や睡眠時に摂取すると、血液から筋肉に必要なアミノ酸を送れるようになります。アミノ酸は空腹時やトレーニング中等に摂取すると、筋肉にアミノ酸が送られて筋肉との同化が行われます。

 

BCAAは他のアミノ酸とは少し異なり、筋組織の中でもとても重要な存在です。BCAAは利用可能な炭水化物を増やし、筋トレを行うと筋タンパク質の分解を防いでくれます。筋トレ中にBCAAを摂る事で、エネルギー源として利用され、筋肉の減少を抑えて筋肉を効率よく大きくしていく事が出来ます。

 

BCAAはトリプトファンと言うアミノ酸ともバランス良く働いていて、摂取量を多くすると集中力を高められます。

プロテインを飲んで筋トレ高率をアップ!

筋肉トレーニング,成分

 

プロテインという言葉はよく聞くけど、どういうものなのかいまいち良くわからないという人は多いのではないでしょうか。プロテイン=protainであり、日本語でタンパク質のことです。筋トレにプロテインを組み合わせれば、筋トレの効果を高めることができます。

 

プロテインを摂取する目的は二つあります。一つ目は、こちらが主な目的ですが、筋肉を大きくすること。筋トレで筋肉が鍛えられていくのは、トレーニングによって大きな負荷を与えられ壊れてしまった筋肉が、今のままではだめだとより大きく(強く)なろうとするためです。

 

この時に筋肉のもとになるのがタンパク質です。筋トレの後にプロテインを摂取すると、筋肉が大きくなるための材料が豊富に供給されるので、より効率的に大きくすることができます。

 

二つ目の目的は筋肉が分解されるのを防ぐことです。人間の体はタンパク質もエネルギー源とすることができます。体内にある、豊富にタンパク質を含むものといえば、言うまでもなく筋肉です。プロテインを摂取することで、筋肉のタンパク質の代わりにエネルギー源となってくれ、筋肉のタンパク質が分解されるの防いでくれます。

 

さて、プロテインには、大きく分けてホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインがあります。簡単に説明しますと、まずホエイプロテインは、乳から生成されたプロテインで、その特徴は何といっても体にすぐに吸収されることです。

 

筋トレ後や朝タンパクが低下しているときに飲むのに最も適しています。

 

次にカゼインプロテインですが、こちらも乳から生成されます。ゆっくり吸収されるという特徴があります。ですので、タンパク質摂取を長時間できない睡眠前に摂取するのに適しています。

 

最後にソイプロテインですが、ソイ=大豆から生成されています。その特徴はイソフラボンを有することです。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれる物質です。筋トレ後に飲むというよりも、日々の健康を助けるもの、という感じでしょうか。

 

余談ですが、乳から生成されているプロテイン(ホエイ、カゼイン)は豆乳で、大豆から生成されているソイプロテインは牛乳で溶かして飲むといいと言われています。一口にタンパク質といっても、構成するアミノ酸の種類は異なります。

 

もとになっている物質をバランスよくとることで、より効果が高まるのです。プロテインはそれなりに値段のするものですので、迷ったらまずは王道のホエイプロテインを選ぶと良いでしょう。

筋肉サプリメントのおすすめはこれだ!最新ランキングを公開中!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページの筋肉サプリメントランキングも確認してみてください。